Visual C++ でmath.h をインクルードしてもM_PIが定義されないときの対処方法

LinuxのCでは math.h をインクルードすれば、M_PIが定義されるが、Visual C++では未定義のままである。
その時にはmath.h をインクルードする前に、_USE_MATH_DEFINES を define すれば良い。

#define _USE_MATH_DEFINES
#include <math.h>

Cubox Forum

PetapicoShopのイベント情報

日時:5月10日 15:00-18:00

場所: 下北沢オープンソースCafe 

テーマ: CuboxシリーズのOverview/Use case

下北沢オープンソースCafe 情報

url:http://www.osscafe.net/

〒155-0033 東京都世田谷区代田6-11-14-G1

下北沢駅西口から、徒歩7分 (京王井の頭線 or 小田急線)

» Google Map

Forumの参加費は無料ですが、OSSCafeの利用料が必要です。

  ■OSSCafe- 1日利用 ¥1,000(1ドリンク付)

     ご参加の方は参加表明をお願いします(当日の参加表明歓迎)

参加表明方法

 Mail送信:petapicoshop@petapico.biz

 facebookで参加ボタン:https://www.facebook.com/events/1607050439513379/ 

 

HummingBoardの販売開始イベント

HummingBoardの販売開始イベントを開催します。
日時:11月 8日(土)/ 9日(日)
 14:00ごろから18:00ごろまで開けています(途中出入自由)
内容:HummingBoardの紹介と実演デモ
参加費:なし
場所:ペタピコショップ
   JR関内駅北口歩6分、横浜地下鉄 伊勢佐木長者町駅歩3分
   「長者町5丁目交差点」、城南信用金庫のあるビル7F
   横浜市中区長者町5丁目75?1 スクエア長者町717

CuBox-i, D3等Petapicoショップで販売

D3 CookBookを販売するショップがPetapicoショップに変わりました。

Petapicoショップ ではD3の他に、CuBox-iも扱っています。

(Petapicoコラムの一部の記事のネタを書いています。)

Visual Studioでブレークポイントを仕掛けたのにヒットしてくれないときの対処方法

Visual Studio 2008の場合
メニューで[ツール]->[オプション…]
ダイアログボックスのツリーの[デバッグ]->[全般]で
[元のバージョンと完全に一致するソース ファイルを必要とする] をオフにする。

Visual Studio 2013で[マルチバイト文字セット]を使用する

[Visual Studio 2013]

MFCのアプリケーションを作成するときに、プロジェクトの[文字セット]として、 [マルチバイト文字セットを使用する]  または [設定なし]を使う場合は

あらかじめ、MBCS DLLをインストールしておく必要がある。

実際の作業は、

http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=286820

にアクセスして、vc_mbcsmfc.exe をダウンロードして、このEXEファイルを実行すればよい。

 

D3 CookBook

13070004-ei001-99999

プラグコンピュータのD3の解説書「D3 CookBook」が発売されました。

D3本体とこの解説書を合わせた”D3 CookBook Set”も発売されました。

一世代前のD2Plugは個人輸入でしか手に入りませんでしたが、今回の”D3 CookBook Set”は

ラジオ会館オンライン内のPetapicoShopで購入できます。

ぜひ、実機とともに実際にソフト開発をしてみましょう。

“D3 CookBook Set”の購入はこちら(PetapicoShop)から。

“D3 CookBook”のみの購入はこちら(PetapicoShop)から。

iPhoneアプリ「糖尿病用語99」

iPhoneアプリケーションの「糖尿病用語99」を開発しました。

iTunesプレビューにアクセスしてみてください。

 

Google Playのブック

D2Plug CookBookがGoogle Playのブックからも購入できるようになりました。

Google Playのブックへはここからアクセスできます。

 

学習カードシステムPetapicoCard

学習カードシステムPetapicoCard

「暗記カード」を自分で作って活用できるアプリです。

作った問題集はグループで共有できて便利。

FacefookのWebアプリとiPhone/iPadのアプリを開発しました。

ぜひ、以下のリンク先を参照してください。